神戸大学病院前 荒木質店

荒木質店について

About

  1. TOP
  2. 荒木質店について

質屋とは?

ちょっとお金が必要なとき、自分の持っている品物で気軽に借りられて、後で品物を受け出すこともできて、もし不要ならば金額を返済しなくてもいいってシステム。
すごく安心で便利だと思いませんか?
そんなシステム、質預かりができるのは質屋だけです。当店は質預かりのお客さまも親切丁寧に対応いたします。貴方の大事な品物を売るのではなく、質預かりにしませんか?期限迄に元金と質料でお手元に戻せます。もちろん買い取りもおこなっています。

質屋はブランド品や宝石貴金属、高級腕時計しか扱わないと思っていませんか?当店ではあなたが大切にしている楽器、コレクターアイテム、おもちゃ、フィギュア、セル画、etc…を売るのではなく、質預かりでお金を借りることができ、期日までに元金と質料をお支払いいただければ手元に戻すことができます。品物もしっかりと質蔵で保管致しますので安心です!

質屋のご利用方法

質預かりとはお品物をお預かりし査定金額に応じてご融資するシステムです。

まず品物を用意してください

同じような商品でも新品(未使用で色焼けもしていないもの)、新同品(数回使用しているが使用痕も色焼けもしていないもの)、以下、程度A(数回の使用でわずかな使用痕や色焼け等のあるもの)程度B(通常の使用でそれなりの使用痕、小傷や色焼け等があるもの)程度C(破れや破損は無いが、いわば使い古された状態のもの)このように状態はもちろんのこと、年式、人気度等によって査定額は違ってきます。また付属品や箱等もできるだけ揃っている方が査定額はアップします。

質屋営業法で質契約は対面取引となります。当店のご利用が初めての場合は質契約、買取契約共に、ご本人証明できる運転免許証、保険証、パスポート等をご確認させて頂き、初取引契約書にご本人自筆で必要事項を記載して頂くことになっております。

初めてご利用する方

18才以上で運転免許証、健康保険証、パスポート、学生証、など身分を証明するものがいります。

新規ご利用のお客様は質料初月半額サービス実施中!

ホームページを見たと店員にお伝え下さい。

2ヶ月目からは通常の質料になります。

質料

商品お預り手数料とお利息に相当するものは月利、約2%~8%で金額が多いほど低利率になります。

お預りした品物の借用期間

入質日より最長3ケ月間となっていますが利息だけで期間を更新する事も出来ます。

お預りした品物が後に不要になった時

そのまま放っておいても元金の請求は一切ありませんので安心です。

最初から要らない品物の場合

「買い取り」のシステムもあります。
(質預かりよりも査定額がアップする場合があります。ただし後で品物をお手元に戻す事が出来ませんのでご注意ください)

パターン1 品物返却

貸付金(お貸しした金額)+利息分(1カ月ずつにかかる金額)のお支払いでお品物をご返却致します。

例えば:貸付金10000円、1カ月のご利用で10000円+800円で10800円でお品物ご返却になります。

このシステムが買取りとの最大の違いです。

パターン2 期間延長

質屋は3ヵ月で必ず質流れになるわけではございません。
3ヵ月以内に利息分(1カ月ずつにかかる金額)だけをお支払い頂ければ、期間を延長することが可能です。

パターン3 質流れ

お品物の保管期限(三ヶ月経過後)が過ぎた場合、当店に所有権が移ります。
その場合、貸付金でお品物を買取りすることでお客様からの手数料は一切いただきません。

返済について

質料は借り入れ金額に応じて1カ月単位で発生致します。
返済(出質)可能期間はお預かりした日から最長3ヶ月間を期限とします。

その間に質料だけを入金して頂いて、期限を延長することもできます。

利率について

利率は月利2%~8%(年利率24.0%~最大96.0%)です。
融資額が多いほど利率は低くなります。
(手数料は一切掛かりません)

融資額 利率(月利)
1万円以内 8%
3万円以内 7%
5万円以内 6%
10万円未満 5%
10万円以上 4%
50万円以上 3%
100万円以上~ 2%

お借り入れの一例

指輪を50,000円で質預かりし、1ヶ月以内に返済された場合

50,000円元金+3000円利率 6%=53000円が必要です。

新規ご利用のお客様は質料初月半額サービス実施中!

メッセージ

私が質屋を継いだのは30年程前で、それまでは東京の池袋で楽器メーカーの営業をしていました。もともと家業の質屋という商売には全く興味はなかったのですが、ひょんなことから後を継ぐことになりました。先輩の質屋業の方々のお世話になりながら自分なりに質屋というものを勉強していくうちに質のシステムのすばらしさを感じるようになり、いつしか自分の中にあった質屋のイメージが変わっていきました。今ではもう質屋は昔のように何がしら暗いイメージではなくなってきており、最近のブランド品人気もあって若い人たちも多く利用するようになってきました。しかし一般の若い人たちの中には質屋とリサイクルショップを同等に見られている人がまだまだおられます。これはマスコミの影響が多分にあると思います。質屋は単に不要品を処分したりブランド品などを安く手に入れる所というだけではないのです。

質屋本来の商売はお客さんの品物をお預かりして、それを担保に見合った金額をお貸しするということなのです。そして必要な時には元金といくらかの手数料利息を支払えばいつでも品物は手元に戻りますし、お預りした品物が後に不要になった時はそのまま放っておいても元金の請求は一切ありません。この質のシステムは質屋独自のものであり決して他では出来ないシステムなのです。

兵庫質庫株式会社取締役荒木 一生
荒木 祥伍